www.borderchorders.org

.

.


破産の際抱える債務に関してその保証人となる人を立てているときにはあらかじめ相談をしておいたほうが無難です。ここで、強調しておきますが、ほかに保証人がいるときは破産申告をする前にちゃんと考える必要があります。なぜなら、自分が破産して受理されれば補償する立場の人がみなさんの借金を全部負うことになってしまうからです。やはり、破産の前段階に保証人に、これまでの詳細とかおかれた現状を報告し謝罪をしておかなければいけないでしょう。それは保証人になるひとの立場で考えると不可欠なことです。破産手続きをすることにより、有無を言わせず多額の債務が回ってくることになるのです。それからの保証する立場の人の取るべき手順は次の4つです。まず1つめですがその保証人が「すべて弁済する」ことです。その保証人がいきなり数百万ものいともなく弁済できるぐらいの資産をたくわえているならば、この方法が可能でしょう。でもその場合あなたは破産手続きせずにあなたの保証人にお金を貸してもらってあなたは保証人である人に月々の返済していくという解決策もあるのではないかと思います。保証人がもし借金をした人と信頼関係にある場合は、少しだけ完済までの時間を長くしてもらうこともできるかもしれません。保証人が一括で返済不可能な場合でも業者側も話し合いにより分割払いに応じる場合も多いです。保証人に債務整理を行われると貸したお金が全然返済されないリスクを負うからです。保証人がもし債務者の返済額を代わって負う財産がなければ借金した同様に債務整理をすることを選ばなければなりません。2つめが「任意整理」によって処理することです。この場合貸方と落としどころをつけることによりおおよそ5年弱のあいだで返済する方法です。実際に弁護士に依頼する場合の経費の相場は債権者1社ごとに4万円ほど。もし7社から債務がある場合およそ28万円かかります。むろん貸方との示談は自分ですることもできないことはないかもしれませんが、この面での知識のない方だと相手が確実に有利な案を出してくるので気を付けた方がいいでしょう。いずれにしても、任意整理になるとしても保証人となる人にお金を負ってもらうわけなのであなたはちょっとずつでも保証人に返済を続けていくべきでしょう。3つめですが保証人も返せなくなった人と同じく「破産申告する」という方法です。あなたと同じように自己破産をすれば、保証人となる人の借金もチャラになります。しかしながら、あなたの保証人が戸建て住宅などを登記しているならばそれらの個人資産を取り上げられてしまいますし司法書士等の職業についている場合影響があります。そういった場合、個人再生を活用するといいでしょう。一番最後の4つめですが、「個人再生制度を使う」ようにします。マンション等を手元に残したまま負債の整理をする場合や自己破産手続きでは資格制限にかかる職業に従事している方に有効なのが個人再生です。この方法の場合自分の住宅は手元に残りますし、破産宣告の場合のような職業制限資格に影響する制限がありません。