www.borderchorders.org

.

.


カードを無効化する際の申請手順自体は全くもって易しいものですが機能停止するに際して考えておきたいポイントなどについても認識しておくだけで、試用不可能化をトラブルなしに行うことが可能になります。実際に注意する点を執筆整理しました故もしもの時は、参考にして役立ててください。カード届け出を完了させた後特別の事情無く即座に機能停止を実行するのは控えるべき》クレジット登録した直後即手に入れたクレジットを無効化を行ってしまうと契約すべきでない人間という風にクレジット会社に登録されるという意図せぬことがある(まずないでしょうが何度も発行→機能停止というような作業を繰り返したとき)。よくあるのは申請時の限定特典を狙ったカード発行の場合ギフトカードまたはサービス・ポイントなどの契約特典を残らず味わったので即座に解約の手続きをしたいと思うようになってしまうような意向もうなずけます。そうは言っても、クレジット会社側の視点で考えれば計算高い契約者においてはもう決して社の与えるクレカを所持されて余分な作業を増やしたくないと認識するという意思決定が下されても当然。だから、たとえ登録時の限定特典に目がくらんでクレジットカードを申し込んでしまったケースでも焦って無効化しないでまずは180日、より安全を期すならば契約後1年以上はそのクレジット自体を有効にしてその後解約するということをお薦めさせて頂きます。あるいは申請時のサービス・ポイントということに限ったことではなく、何となく契約して財布に入れてはみたが使わないから・・・という場合でも、最低でも六ヶ月が過ぎるまでは財布の中のクレジットカードを有効な状態にするようにしておくべきです。クレジットを受け取るの方で考えている以上にカードを事務作業等を含めて交付するための費用や手間は発生するものなのでせめてもの楽をさせてあげよう・・・というように思って下さるとお互い気持ちよくなれるでしょう